魅力的なオフィスをデザインしてみよう

オフィス デザイン

仕事をするためのオフィスというのは重要な場所です。書類にあふれていて、窮屈な空間で仕事をしているとしたらどうでしょう。まとまりがなく落着かない場所であるならば、仕事の能率も大幅に落ちてしまうでしょう。オフィスを快適なデザインに変えることで、社員のモチベーションもあがり、効率よく仕事ができる環境が整えられるのではないでしょうか。仕事の生産性をあげるためにも快適なオフィスをデザインするための案を考えてみましょう。快適なオフィスにするために観葉植物を置いたり、すわり心地のよいチェアやソファを置いたとしても、レイアウトの導線を考えずに置いてしまえば、いくらおしゃれになったとしても、効率の良いデザインのオフィスとは言い難いでしょう。まず、レイアウトを考えていく前に事前準備をしっかりするようにしましょう。

オフィスをデザインする際の事前準備とは

まず、部署構成と人数、必要な個室の整理をしましょう。部署がいくつあるのか、現状の人数と増員人数はそれぞれ何名なのかを確認しましょう、それと共に会議室や社長室などの必要な個室数を表にまとめておくと良いでしょう。家具のサイズやデザインも事前にチェックしましょう。いざ準備して納まらないものでは意味がありません。すでに持っている既存の家具と、新規で購入したい家具のサイズを、表にまとめておくと良いでしょう。社内アンケートもとりましょう。備品がボロボロなので、入れ替えてほしい、ゆっくり休憩できる空間がほしいなど、社員の不満や要望を聞き入れることで、社員一人一人が愛着をもったオフィスづくりができます。愛着のある空間だと仕事へのモチベーションもあがります。ぜひ積極的に社員の意見も聞くようにしましょう。

快適なオフィスをレイアウトする際に気をつけること

事前準備ができたら、オフィスのレイアウトの作成をしていきましょう。レイアウトを作成する際に気を付けるべき大事なポイントは動線です。一般的に業務時間中のオフィスは、さまざまな人や物が往来しています。従業員数が多いオフィスであると、誰かが常に移動している光景も珍しくなく、移動する人や物によっては行動ルートがパターン化されているケースも多いです。導線をしっかり確保することが、オフィスの生産性に大きく関わりますので慎重に計画してデザインするようにしましょう。あまり複雑にせず、シンプルなものにするのがよいでしょう。また、1つの目的地に向かう経路を最低でも2つ想定しておくことが大事です。1つのルートが埋まっていた場合、迂回することが可能になります。最終的に余分な導線がないか避難経路は確保されているかを確認して、デザインしていくと効率よく仕事ができる快適なオフィスが作れるでしょう。