あなたのオフィスを機能的にデザインします

オフィス デザイン

働きやすくてデザインが素敵なオフィスは、働く人にとって憧れの存在です。しかしながら、ただデザインが素敵でも働きにくい、仕事の効率が悪い、となればそれは問題です。働きやすく、おしゃれで機能的なオフィスとはどんなものでしょうか。きれいなオフィスで休憩スペースがあるオフィス、電話でのやり取りがしやすいオフィス、部署同士でコミュニケーションを保ちやすいオフィスなど、いろいろな理想の形があります。効率的に仕事ができるオフィスとは、どういうものでしょうか。業務の内容や職種によって、オフィスのデザインは変わってきます。個人の持っている能力を引き出し、業務の効率を良くするデザインが理想です。オフィスの面積には限度がありますので、決められた空間をいかに効率よく使うかが課題となります。

効率的な仕事ができるオフィスデザイン

効率的なオフィスのデザインは、業務の成果を上げ、個々の力も発揮できるようになると思います。まずはデスクとデスクの感覚を考えましょう。背中合わせの場合、150センチから180センチ程度、スペースを確保すればストレスをあまり感じないと言われています。横並びの場合、60センチから90センチのスペースが良いとされています。学校でグループ学習を行う時のような並び方を、島形レイアウトと言います。部署ごとに集まって島を作る形をとるやり方です。部署のパソコンや電話など、まとめて管理できますので業務がスムーズにいきますし、お互いのやる気を高め、部署内の交流を深めることが可能です。しかしながら、デメリットもあります。いつも視線を感じることで、プライバシーが守られず、ストレスを感じてしまうことです。

効率的なオフィスのデザインとは

島形のオフィスデザインは、コミュニケーションが大切な仕事に向いているようです。同向型レイアウトは、学校で授業を受けるように、デスクを同じ向きに横並びさせたレイアウトです。島形と違って、互いの視線を感じなくてよいので、仕事に集中できます。しかし、広いスペースが必要になります。それがデメリットです。背面型レイアウトもあります。島形とは逆に、同じ部署同士で背を向けた形のレイアウトです。視線が合わないので仕事に集中できる一方で、横や後ろには仲間がいるので、仕事の効率は良くなります。フリーアドレス型レイアウトと呼ばれるものは、メンバーの座席が一定ではありません。空いている所を自由に使って仕事をするスタイルです。さまざまなオフィススタイルがありますので、企業に合った最適なレイアウトを選択しましょう。