あなたのオフィスを快適なデザインにする方法

オフィス デザイン

外資系企業やクリエイティブな企業のオフィスはとてもユニークで、そんなオシャレな企業で働きたいというのも志望動機の一つとなるのは、オフィスそのものが企業理念や特徴を現しているからです。また、職場環境は離職理由の一つでもあり、日々ストレスを感じている従業員は少なくありません。仕事内容と同様、職場環境は働く上で重要な要素となっています。ここで働きたいと思わせる職場環境は従業員のモチベーションアップや生産性や効率アップにも繋がり、人材の定着率の向上にも影響を及ぼします。しかし特徴のあるデザインや環境はクリエイティブな業務を担っている社員だけが必要というわけではなく、業界・業種問わず、全ての従業員にとって最適な職場環境というものが必要です。まずは万人ウケするオフィスとはどのようなものかご紹介します。

働きたい人気の企業から学ぶオフィスの工夫

オフィスには個人のスペースや共同スペース、リフレッシュが出来るスペースなど、万人ウケするオフィスには明確なコンセプトがあり、様々な工夫がされています。まず基本となるのは動線です。仕事をする上で効率が悪いと無駄な時間が残業となりストレスが生まれます。また個人のスペースは生産性を上げる為にも集中できる環境であることが重要です。そのためには視線も工夫されています。共同スペースには必要に応じて多様に変化する会議室や開放的でコミュニケーションの取りやすい環境や、場面に応じてモチベーションが上がるような空間デザインなどがあります。こういった工夫は従業員からのヒアリングにより実現化しているケースが多いです。特に企業のコンセプトや求める仕事が就業環境にマッチしていると従業員の満足度も高いことが言えます。

職場環境への投資が企業を成功へと導く

小規模なオフィス環境では様々な空間を作ることは難しいかもしれません。しかし、働く従業員にとって職場環境というものがいかに重要であるか、そして職場環境が企業にどう影響を及ぼすのかを改めて考える必要があります。空間デザインにより心理的な観点からもモチベーションを上げることができます。自分のデスクで昼食を取るといった光景もよくあることかもしれません。しかし、仕事のオンオフの切り替えが出来ない環境からは日々小さなストレスが生まれます。求める人材・求められる仕事が生み出される環境を整えることは企業にとっての投資です。現在のオフィスは企業のコンセプトにマッチしているのか、快適なオフィスにするには改善点を見つけることは重要であり、そこにこそ、企業にとって成功へと導くカギがあると言えるでしょう。