印象が良いデザインのオフィスとはどういうものか

オフィス デザイン

オフィスの環境を改善したいとお考えの方、移転に伴って何か変えたいとお考えの方、素敵な空間で仕事を進められないかとお考えの方に、オフィスのデザインに注力することをおすすめします。オフィスのデザインに力を入れることは、経営戦略の1つの方法としても有効です。働きやすいオフィス環境をデザインにより創り出すことで、業務の効率が上がります。仕事の進め方を意識しながらデザインにかけたコストは無駄にはなりません。企業イメージの向上に繋がるので、これから採用する強力な人材を確保するポイントにもなります。雰囲気や業種、働く人のスタイルに合わせたデザインによって、個人のモチベーションや集団の士気もあがるでしょう。ここでは、効率的に業務を進められ、生産性があがるオフィスのデザインをお伝えします。なお、実際のデザインはオフィスのデザインを専門的に手がける業者に依頼することをおすすめします。

生産性があがるオフィスのデザインとは

近年は、集中力を高めたり、部門同士のコミュニケーションを促進したりするデザインが好まれています。働き方改革の影響もあり、働きやすく、かつ効率的に生産性を上げることのできるオフィスが求められつつあるようです。例えば、落ち着いたトーンの内装であれば居心地の良さが向上します。働きやすさや自由な雰囲気を追及し、フリーアドレス型のデスク配置にする企業も増えてきています。部門によってレイアウトを変えるのも一つの方法です。メリハリがつき、その部門に合ったレイアウトにすることで効率が上がります。例えば、個別の業務が多いような部門では、壁に向かうなど仕事のやりやすさは確保しながら、コミュニケーションも取りやすい配置が必要になります。ミーティングスペースのデザインも重要です。トーンやオフィス家具の選び方で、打合せや会議の内容に集中できる環境を作りましょう。

オフィスの中では執務室以外のデザインも重要

ここまでは主に執務室のデザインのお話をしてきましたが、オフィス内に気分転換ができる休憩スペースを用意しておくことも有効です。部門が異なる社員のコミュニケーションの場にもなります。ランチを取ったり、勉強会を開催したり、デスクから仕事を持ってきて集中したりと、使われ方は様々です。簡単なミーティングや大人数での打合せなどに使われることもあるようです。業者と契約して、カフェを導入している企業もあります。リラックスできる休憩スペースはオンオフの切り替えにも役立つので、働き方改革にも一役買ってくれそうです。印象という点では、訪れるお客様向けに大事なのは受付のデザインです。訪れた人が最初に目にするエントランスが、企業イメージを決めるといっても過言ではないでしょう。個性や雰囲気を伝えられるデザインをおすすめします。エリアごとに壁や床のデザインや質感を変えるのもおすすめです。

オフィス作りをトータルでプロデュースさせえていただきます。 リスクを回避し、目的・計画に合う最適な物件を見つけるサポートをいたします。 主力商品・サービスはオフィスデザインで、お客様の業績向上に貢献する優れたオフィスデザインを提案するサービスです。 モチベーションが高まるレイアウト、安らぎのある環境で業務効率もアップすることでしょう。 企業戦略につながるオフィス環境の構築を目指します。 オフィスのデザインや内装工事レイアウト設計はフロンティアコンサルティング